free_traial call_us
column

2017.10.01

基礎代謝と新陳代謝

基礎代謝と新陳代謝。似ている言葉ですが、意味は異なります。 ここでは基礎代謝と新陳代謝の違いを少しお話ししましょう。この2つの言葉には、どちらも"代謝"という単語が含まれています。"代謝"とはなんでしょうか。

基礎代謝と新陳代謝

代謝とは

摂取したエネルギーを体内で消費する活動のことを指します。ダイエットにおいては重要なポイントです。


代謝とは

基礎代謝とは

呼吸や体温維持、内臓などの臓器の働きなど、生命維持のために最低限必要なエネルギー量を指します。 運動など特別な動きをしなかったとしても消費してくれるカロリーです。
基礎代謝は年齢とともに低下し、男性では18歳、女性は15歳をピークに下がりはじめます。消費されず余ったエネルギーは少しずつ脂肪となって蓄積されます。 そのため年を取ると太りやすくなります。
体の中で一番エネルギーを消費するのが筋肉です。したがって筋肉の量の変化に伴い基礎代謝も増減します。加齢に伴う代謝の減少は筋肉量の減少による部分も大きいといわれています。適度な運動をすることで筋肉 を維持できます。筋肉があることでエネルギーを消費し、太りにくく消費の良い体を作る事ができるわけです。
筋肉をつけるためには、筋力トレーニングや有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたサーキットトレーニング、 軽い負荷でも筋肉に刺激を与える事が出来る加圧トレーニングなどが効果的です。トレーニングを行い、筋肉をつけることで、基礎代謝をあげることに繋がります。


基礎代謝とは

新陳代謝とは

新陳代謝とは、生命体が常に新しい栄養素を取り入れ、消化した古い物質を排泄する事を言います。
私達の体は約60兆の細胞からできています。その細胞は1秒間に50万個も死んでいきます(皮膚・筋肉・内臓・血液・血管・骨等全て)。 細胞分裂を繰り返し、古くなって死んでいく細胞と置き換わるようにして常に組織をリフレッシュしています。
このようにして私たちの身体は、 最大4ヶ月の周期で毎日新陳代謝を繰り返しています。
これだけたくさんの細胞を正しく作っていくためには、材料となる栄養素がきちんと供給され、 なおかつ細胞が分裂しやすい環境が整っていなければなりません。
これらの条件が整えば新陳代謝は活発に行うことができ、 美と健康を保つことが出来るでしょう。

基礎代謝と新陳代謝の関係

筋力トレーニングを行うことで、脂肪燃焼やダイエットに欠かせない基礎代謝を上げることができます。 基礎代謝が上がると痩せやすい体をつくることはもちろん、体温の上昇も起こり、内臓の働きも活発になり身体の中からの健康の維持に繋がります。
代謝を上げるためにトレーニングを選ぶのであれば、筋肉量の増加とは別に、ホルモンの作用でさらに代謝を高めることができる加圧トレーニングがおすすめです。
加圧トレーニングは、基礎代謝を上げる以外にも、血行の改善という効能もあります。血行が改善されると、末端までの血流が循環し、 冷え性の改善も期待できます。体温を高い状態で維持することで水分の代謝もよくなり、むくみを解消することも期待できます。
加圧トレーニングを行い、基礎代謝を上げることで細胞の活性化が進み、新陳代謝も活発になります。
新陳代謝とは細胞を新しくしていくサイクルであり、新陳代謝が活発であれば常に細胞が新しい状態を保つことができ、美容や健康に大きく影響を与えるでしょう。


基礎代謝と新陳代謝の関係


健康な身体づくりの一歩は、基礎代謝を上げ、新陳代謝を促進して常に新しい細胞をつくりだしていく事。まずは運動を日常の中に取り入れる事からです。 簡単なウォーキングから始めてもいいでしょう。1日10回のスクワットから始めてもいいかもしれませんね。
でも、自分1人ではどんな運動をやればいいのか、わからない人もたくさんいらっしゃるでしょう。信頼し自分の身体を託すことができるスポーツトレーナーをぜひ見つけてみてください。 あなたに最適な運動を提供してくれるはずです。
ミスユニバース福岡大会公認の女性専用フィットネスジムconfit(コンフィット)でも、 女性の理想の身体作りのプロトレーナーがお一人お一人をサポートいたします。有酸素トレーニングのサーキットトレーニングやフリーウエイトトレーニング、 加圧トレーニングなど、女性が楽しみながら健康に美しくなるプログラムを各種ご用意しています。
まずは運動を始めましょう!運動をすることで基礎代謝をあげ、新陳代謝を促進し、健康に美しくなりましょう!
いつでもお待ちしています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

コラムの一覧に戻る