free_traial call_us
column

2017.10.01

背中の肉を落とす・背中痩せに効くトレーニング方法

とあるアンケート調査の「女性の気になる部位」の中で約25%の方に、気になる部位としてあげられているのが「背中」です。 もう一つ面白いアンケート調査結果として、「ケアをしている体の部位は?」という質問に対して、 「肌のケア」や「お腹まわり」「二の腕」と答えた女性が目立つ中、「背中」と答えたのは、わずか5%弱という結果があります。 服装によっては、背中のたるみをうまく隠すことができたり、暑い季節でも二の腕や脚と比べ露出が少ないので、ケアを怠っていたり、またはケアの仕方がわからないという方も多いのではないのでしょうか? ここでは、背中痩せに効くトレーニングと一緒に背中トレーニングに秘められた素敵な効果をご紹介致します。


背中の肉を落とす・背中痩せに効くトレーニング方法

目次
1. 背中痩せのポイントは肩甲骨にあり!
2. 背中トレで二の腕・お腹周りもキレイになる!?
3. 背中のたるみは、本当に脂肪が溜まっているせい?
4. 背中トレは首コリ、肩コリにも効く!?
5. 実践!背中トレ!
6. まとめ

背中痩せのポイントは肩甲骨にあり!

背中痩せの為には、背中にある筋肉をしっかりと使っていくことが大切です。 でも、背中は自分では見ることができない為、どうしても使っている感覚がわかりづらい部位でもあります。 そこで、まずは肩甲骨を動かす意識からはじめてみましょう! 背中の筋肉には肩甲骨を動かす筋肉が多く存在しているため、肩甲骨を動かすことが背中の筋肉を動かすことにつながります。

背中トレで二の腕・お腹周りもキレイになる!?

背中トレーニングには背中を引き締めるだけではなく、それ以外にも多くのメリットがあります。 背中の筋肉の中には、二の腕付近にまで付着している筋肉が複数存在するため、背中トレーニングは二の腕を引き締める効果も期待されます。 もう一つがお腹周りの引き締め効果です! 背中の中で代表的な筋肉に広背筋があります。この広背筋は、お腹周りを後ろから包み込むような形状をしており、 この筋肉をしっかり使うことによって脇腹、背中から引き締められ、ウエストのサイズダウンの効果も期待されます。 背中を引き締めようとして、トレーニングを始めたのに、気が付けば、二の腕のたるみも減ってきた!あれっ!?お腹も引き締まった!っとなるのであれば、鍛えるほかにありませんよね!


背中トレで二の腕・お腹周りもキレイになる!?

背中のたるみは、本当に脂肪が溜まっているせい?

あまり体重は重くないのに、下着の上にお肉がのっちゃうなぁ・・・と思う女性も中にはいらっしゃるのではないでしょうか? 体脂肪が多くなくても背中がたるんでしまう理由は姿勢にあります。 先述したように背中トレーニングのポイントは肩甲骨を動かすことです。背中の筋肉は肩甲骨を内側に引き寄せる働き、背筋を起こす働きがあります。 背中の筋肉がうまく働かない状態になると、背中が丸くなり、肩甲骨が外側に広がり、猫背のような姿勢になります。 つまりは、背中に脂肪がなくても、姿勢が悪ければ、背中がたるんでみえてしまうのです。背中の筋肉をしっかりと鍛えることで、姿勢から体のラインがキレイにみえてきます。

背中のたるみは、本当に脂肪が溜まっているせい?

背中トレーニングは首コリ、肩コリにも効く?

まだまだあります背中トレーニングのメリット!それは首コリ、肩コリの解消の効果です!

背中トレーニングは首コリ、肩コリにも効く?


首周りや肩上部の筋肉は肩甲骨に付着しており、長時間のデスクワークや運転、スマホを操作する姿勢などは肩甲骨が上にあがりやすくなり、首コリ、肩コリの原因になってきます。 症状が進行すると、頭痛やめまい、腕や手の痺れなどに繋がる恐れもあります。

背中トレーニングは首コリ、肩コリにも効く?


背中の筋肉には、肩甲骨を内側に引き寄せる働き以外にも肩甲骨を下に引き下げる働きがあり、 コリ固まった首や肩周りの筋肉を引き伸ばしてくれため、背中トレには首コリ、肩コリの解消効果も期待されます。

実践!背中トレ!

ここでは、自宅でもできる特別な器具を必要としない簡単背中トレーニングをご紹介させていただきます。

① 肩甲骨を引き下げるトレー二ング
意識するのは僧帽筋の下部繊維といわれる、肩甲骨の間のやや下部に位置する筋肉です。
1) 両手を頭の後ろに組み、その位置で肘だけを伸ばします。
肩甲骨を引き下げるトレー二ング
2) その位置からグッ、グッ、と細かく後ろに両腕を倒します。
肩甲骨を引き下げるトレー二ング
ポイント!
背筋をしっかり伸ばし、肩がすくまないように気をつけましょう。 しっかりと使えていれば、背中の真ん中付近の筋肉を使っている感覚が分かると思います。


② タオルラットプルダウン
1) タオルの両端を持ち、両肘を伸ばして両手を高い位置にもってきます。
タオルラットプルダウン
2) 胸を張り、タオルの両端を外側へ引っ張りながら頭の後ろから下へ引き下げます。
タオルラットプルダウン
ポイント!
動作中に肩がすくまないように注意しながら、肩甲骨を内側に引き寄せるようにして下げると、より背中の筋肉が感じ取れやすくなります。


③ 肩甲骨引き寄せトレーニング
1) 両手をお腹の前で組み、おへその上に両手を当てます。
肩甲骨引き寄せトレーニング
2) 背筋を起こして胸を張り、両手をおへそに押し当てながら、脇腹をグ〜ッと閉じていきます。
肩甲骨引き寄せトレーニング
ポイント!
両肘を背中で合わせるようなイメージで行うと脇腹と肩甲骨の内側の筋肉が使われている感覚が感じとれやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか?いずれのトレーニングもすこし空いた時間やデスクワーク中でもできるものなので実践しやすいのではないでしょうか? 体の悩みは人それぞれあると思いますが、背中の筋肉を鍛えることによって、ダイエットだけではなく、首・肩コリの解消や姿勢改善など様々な効果がありますので、是非挑戦してみて下さい! 女性専用フィットネスジムCONFITでは、背中トレーニングにピッタリの最新マシンもご用意しております!是非一度お気軽にお問い合わせください。


背中の肉を落とす・背中痩せに効くトレーニング方法のまとめ

コラムの一覧に戻る